目の下のたるみを除去しよう~美容整形で自信も胸も取り戻す~

フェイス
照射

光で肌を綺麗にする

東京ではフォトフェイシャルが人気を集めています。フォトフェイシャルを受けるとシミやしわ、毛穴の開き、むくみなどが解消されます。信頼できるクリニックで受けましょう。

さまざまな治療方法

顔

目の下のたるみは老化や眼精疲労などが原因で発生します。目の周りにある筋肉が低下すると目の下がたるみやすくなります。また、目を頻繁に擦る人は、細胞を傷つけてしまうためたるみが発生するといえます。目の下のたるみを除去したい人は、美容整形外科で治療を受けましょう。目の下のたるみ取りには、主に脱脂術やサーマクール、金の糸、ボトックス注射などがあります。たるんでいる余分な脂肪を取り除く脱脂術は、痛みや腫れを伴う可能性があるため、クリニック選びに注意しましょう。また、ボトックス注射では使用するボトックスの質に注意する必要があります。質の低い安価なボトックス注射は、痛みや腫れを伴う可能性があります。目の下のたるみが悪化してしまう危険性もあるため、カウンセリングの際にしっかりと確認しましょう。

顔全体がたるんでいる人やシミ、しわなどの肌トラブルが多く見られる人は、美容整形外科でフォトフェイシャルを受けると適切です。フォトフェイシャルは光の力を使って肌内部のターンオーバーを活性化させます。そのため、衰えた筋肉なども改善され、肌の引き締め効果があるのです。また、美容整形外科ではほくろ除去施術を受けることもできます。フォトフェイシャルなどを受けても改善されないほくろは、レーザー機器などで除去しましょう。その他にも美容整形外科では失った胸を取り戻す手術も受けられます。乳房再建といって、主に乳がんで胸の全摘出手術を行なった女性から支持されています。シリコン挿入法や腹部などの脂肪を胸に移植する方法で胸と自信を取り戻すことができるのです。美容整形を受ける際は、信頼できるクリニックを見つけることが大切です。

胸

胸を取り戻す

乳がんなどで胸の全摘出手術を行なった際は、美容整形外科で乳房再建手術を受けましょう。シリコンによる方法と、体の脂肪を使う方法があります。自分に適した方法で乳房再建をしましょう。

レディー

ほくろに悩まない

悪目立ちするほくろがコンプレックスの人は、ほくろ除去手術を受けましょう。主にレーザー治療と切開による除去方法があります。良性で小さなほくろにはレーザー治療が、悪性のものや大きなほくろは切開方法が適しています。