目の下のたるみを除去しよう~美容整形で自信も胸も取り戻す~

看護師

ほくろに悩まない

レディー

紫外線に含まれるメラニンが原因で発生するほくろは、位置や大きさによってはコンプレックスになることもあります。逆に、泣きぼくろや口元のほくろはセクシーな印象を与えることからチャームポイントになることもあります。自分の顔や体にあるほくろが気に入らない場合は、ほくろ除去施術で取り除きましょう。美容整形外科や皮膚科、美容皮膚科ではほくろ除去施術が受けられます。また、皮膚科なら悪性のほくろは保険適用内で手術をしてもらうことも可能です。しかし、美容目的のほくろ除去は保険が適用されないため、平均1万円ほどかかります。特に大きなほくろは数回の治療が必要になるため、高額になることもあります。まずは、除去したいほくろが悪性か良性か診てもらいましょう。

ほくろ除去施術を受ける際は、除去方法を選ぶ必要があります。ほくろ除去には主にレーザー治療が行われます。レーザーの力でほくろを取り除く方法で、手軽に受けられるのが魅力です。また、大きなほくろや悪性のほくろは切開する方法が一般的です。大きなほくろはレーザーでは効果が得られないことや、悪性のほくろにレーザーを当てると癌化する恐れがあるため、皮膚ごと除去する必要があるのです。切開によるほくろ除去を受ける際は、医師の技術力が仕上がりを大きく左右します。傷跡が残らないように信頼できる医師にほくろ除去施術を依頼しましょう。ちなみに、ほくろ除去施術を受けたらしっかりとアフターケアをすることが大切です。除去した患部を紫外線に当てないための対策や、しっかりと薬やクリームでケアすることが大切です。